少し前にドバイへ行ってきたんですが、情報を調べようにもあまりまとまった情報源がなくていろいろ調べたので、せっかくなので他に行く人の参考にでもなればと思います。
バスや電車を乗り継いでうろうろしただけなので他に同じようなことをしたい人がいるかわからないですけど。

今回はネット回線についてです。

結論

  • 空港でもらえるduの無料SIMが便利。
  • SIMはイミグレで言わないともらえない。
  • SIMのアクティべーション中は余計なことしちゃダメ。
  • オンラインチャージは反映されるまで30分くらいタイムラグがある。

1.ネット回線どうしよう?

海外でネット回線を確保するにはいくつか方法がありますが、日本でSIMロック解除が自由になってから初めての海外だったので、せっかくなので現地でSIMカードを購入して自分のスマホ(iPhone)でネット回線が使えるようにしてみたらかなり快適でした。
ちなみに今まで日本の大手キャリアのSIMを買った時から一度も出さないという使い方をしていたのでSIMだけ買う行為自体が初めてです。

ドバイのSIMのメインどころはetisalatduという通信会社になるそうで、その他の企業も空港にブースを出したりしてますが事前情報が全くなかったので今回はこの2社のみが候補の対象です。

日本語のサイトをいろいろ調べているとetisalat社の方がカバーエリアが広いとか速度が速いとかの情報を見つけたので、この通信会社のSIMにしようと思ったんですが、サイトを見るSIMの種類がといろいろあって悩む・・・。

通常なら旅行者向けのツーリストSIM(AED100固定で3種類)の中から選ぶんでしょうけど、今回は滞在期間3日間とかなり短いので、なんとなく割高に感じて通常のプリペイド式も視野に入れてみました。

プリペイド式の場合はSIMカードの発行にAED55必要で、そこに必要なサービス分のお金をチャージして使う仕様のようです。たぶん海外のSIMってこういうのが普通なんだろうな。

で、いくつか種類がある中で目星をつけたのが750MBのデータ通信と通話がついたAED25をチャージするMediumタイプです。これなら全部でAED80+税なのでツーリストSIMより安い!
というかチャージAED50で合計AED100になるLargeだとローカルデータ2GBあるし、ツーリストSIMのネット優先タイプの1GBと同額なのに容量倍とかもうプリペイド一択でいいじゃんていう感じです。ツーリストSIMだと5時間分のWi-Fi利用権も付いてくるみたいですが、Wi-Fi電波はどこでもあるわけじゃないですし、ホテルに回線あればそれを使えばいいだけですし。

しかもキャンペーン中で、誰か友人紹介をすればお互いに3日間有効な1GBが付くとのことでちょうどいいかなーと思い、往路便が同じ飛行機になった知人にこの話をしてみました。

2.duの無料SIMも悪くないかも

この友人紹介のことを話そうと思ったんですが、その前に彼がどんな予定でいるのか聞いておいた方がいいだろうと現地での回線確保をどうするつもりなのかLINEで聞いてみたら、どうも空港で無料でもらえるduのSIMを使おうかと思ってるようで…。
duの無料SIMは30MBしかないからほぼ意味なくて、結局ショップでチャージしないと使えないんじゃなかったかな・・・と思いつつも一応調べてみたら、追加チャージはクレジットカードを使ってオンライン決済可能みたい。
しかもツーリストプランにAED75で2GBもらえるプランがあり、カード代金が不要だからetisalatのSIMより安くて容量倍じゃん!!もうこれ以外に選択肢ないじゃん!!!

3日間で2BGも要らないだろうなとは思ってたけど、通信量を気にせずにいろいろできるならその方がストレスフリーでいいですしね。
といわけでduのツーリスト用無料SIMを利用することに決めました。

3.ど、どこでもらえるの!?

11時間座りっぱなしの苦行の末にドバイ空港についたのはいいものの、そういえばSIMってどこで貰えるんだっけ?空港でもらえることは確かなんだけど、詳細を確認し忘れた…。
やばい、そろそろ入国審査の順番が来るけど、もし今のタイミングじゃないといけなかったら取り返しがつかない。でも英語よくわからない!!!

などと少し焦りましたが、空港内は無料のWi-Fiが使えるのを思い出して早速検索。調べた範囲ではどうも入国審査時に勝手に渡してくれるようですが、他の人の手続きを後ろから見てる限りだと特に何も渡されてないような…。
仕方ない、ここは洋画を見まくって鍛えたこの英語力で…!

「めい あい はぶ SIMかーど ぷりーず?」

もらえました。

4.SIMを有効化&追加課金する

本来はそのまま空港のduのブースにいって手伝ってもらうのが確実なんでしょうが、今回は空港にゆっくり滞在する時間がなかったのでホテルのWi-Fi環境で有効化することにしました。有効化のやり方につてはこちらのブログで詳しく紹介されてます。
ちなみに、SIMロックの解除は日本いる間にオンラインで済ませておきました。ロック解除によるデメリットも特にないですし、手続き可能な時間の制限などもあるので余裕を持って解除しておいた方がいいと思います。

この有効化の時にいちいちスクショを撮りながらやってたんですが、そのせいで時間がかかって時間切れに…。
このまま時間をつぶしていてもしょうがないので、duショップのありそうなドバイモールに移動することにしました。上のリンク先を見てもらえれば分かりますが、本当はタイムアウトになっても再開する方法があったようです…。しかもモールにつくまでにそこそこ時間がかかってたので、再度アクティベーションを試みたらすぐに完了できたという。特にモールに行った意味なかった。

その後、オンラインで追加のお金をカードで払って希望のデータ通信量を購入すれば完了です。やり方は引き続きこちらの方のブログを読んでいただければと…。同じこと書いてもしょうがないですし。

この有料追加分ですが、どうも反映まで15〜30分くらい時間がかかるみたいです。それがわからずに反映されないことに悩んでduショップまで行ったりしたんですが、そのタイミングで反映されてちょっと恥ずかしかったのもいい思い出です。現在のデータ残量などはSMSで1355にbalanceとメッセージすれば通知が送られてきます。
3日間の滞在で乗換アプリなどを多用して隣の首長国まで行ってみたりしたんですが、残り900MBくらい残して帰国することになりました。
1GB分のWi-Fiや40分の通話なども付いていましたが、今回は使いませんでした。(間違い電話は3回ほどかかってきたけど)

インスタなどで写真を大量にアップするのはホテルのWi-Fiを利用していたのもあると思うんですけど、2GBあればわりと余裕でいろんなことができました。
海外対応Wi-Fiを持ち歩くよりも手軽に、日本にいる時と同じ気軽さで検索などができるので、やはり現地SIMにして良かったと思います。